これからの教育について

小学校英語教育の改革

近年、英語の授業をを小学校から必須科目として取り入れるべきではないかとの議論がなされていましたが、文部科学省はこの度、小学校の英語教育の開始時期を現行の小学5年生から3年生に引き下げ、5年生からは正式な教科にするという方針を決めました。
現行では週1回の授業を、3、4年で週1~2回、5、6年で週3回に増やすそうです。
世界で活躍する人材を育成するため、早い時期から、基礎的な英語力を身に着けさせるのが目的とされています。
2020年度をめどに全面実施を目指すようです。
小学校の英語教育は、2011年度から、小学5、6年で週1回の外国語活動として必修化されました。
英語の歌やゲームを通じて英語に親しむ内容で、読み書きはほとんど指導していない。
英語が専門外の担任教諭が主に指導しており、質の確保が課題となってるのが現状です。
こうした小学校での英語教育、果たして上手く生徒たちに英語力を身につけさせることができるのでしょうか。
英語は、日常生活において、普段から自分で言葉を発し、また、周囲の英語を聞くことによって会話力・リスニング力を身につけるものです。
他者と英語を使ってコミュニケーションが取れるようにするためには、文法的な間違いを恐れず、身振り手振りを交えながらでよいから、積極的に英語を発していくことが重要です。
そして、小学生でこのようなコミュニケーション力の基礎を身に着けられたとしても、高校受験、大学受験ともなれば、やはり正しい文法での読み書きが試験の中心となってきますから、結局は読み書き中心の英語学習に特化しなければならず、現状とそう変わらない結果となってしまう可能性もあります。
せっかく歌やゲームを通して小学生のうちに身につけた英語の基礎力がそのまま活かせるような、小中高を通した長期的な英語教育のノウハウを確立する必要があるのではないでしょうか。